子ども・大人の矯正Q&A faq

“口呼吸”の弊害

“口呼吸”の全身的な影響

口呼吸を行うことで免疫機構に悪い影響がおよぶこと、乾燥した温度の低い空気が呼吸器官に入ることから健康に良くないことが予想される。そのような中で特に心配なことは、睡眠障害である。脳は寝ている状態では、口呼吸できず、鼻呼吸を行っている。つまり、脳が起きている(覚醒した)状態でなければ、口呼吸は出来ないのである。子どもたちにとって、質の良い睡眠をとることは、健やかな成長や発育を行う上での鍵であると考える。鼻呼吸が出来ずに”睡眠障害”となった場合、次のようなことが考えられる。

①交感神経が常に興奮

②血糖値が上昇する

③インスリンの分泌が低下する

④過食、肥満になるホルモンの分泌が増加する

⑤成長ホルモンの分泌が抑制される

⑥免疫力が低下する

とされている。

また、”睡眠障害”により脳の修復や回復ができないため、”記憶の低下”や”他人と円滑なコミュニケーションをはかることができなくなる”とされている。

口呼吸はアデノイドなどの扁桃肥大に起因することも多いため、これらによって起因する中耳炎や感染症などの症状が生じやすいと考えられる。裏を返せば、中耳炎を頻発するようであれば、アデノイドの肥大を疑わなければいけない。

 

このようなお悩みをお抱えの方 予防矯正 Preventive orthodontics

  • 前歯が出ている(出っ歯)
  • 歯ならびがガタガタ(叢生)
  • 口がぽかんと開いている(口呼吸)
  • ごはんを食べるときにクチャクチャ音を立てる
  • 変なところから歯が出ている(八重歯など)
  • いびきをかく
  • いつも眠そうである

このようなお悩みをお抱えの方 マウスピース矯正 Mouthpiece orthodontics

  • 針金の矯正が嫌である
  • 働いていて歯ならびが気になるので治したい
  • 取り外しができる矯正をしたい
  • 痛みに配慮した矯正をしたい
  • 忙しくてなかなか通院できない
  • よくあるお悩み・ご質問
  • 子ども・大人の矯正Q&A
  • 尾村歯科医院 Omura Dental Clinic
  • ドクターズ・ファイル

矯正治療に関する疑問や不安など、お気軽にご相談ください!

078-802-2552 診療時間 午前9:30~12:30 午後14:30~19:00 休診日 木曜午後・日曜・祝日

矯正相談