このようなお悩みをお抱えの方
~マウスピース矯正~mouthpiece

針金の矯正が嫌である

矯正治療といえば金属を使ったワイヤー矯正を連想される方が多いかと思います。ワイヤー矯正はさまざまな歯並びに対応できるというメリットがある一方、矯正の器具が目立ちやすく目立つというデメリットもあります。

目立たずスマートに矯正治療をしたいという方には、マウスピースによる矯正治療がおすすめです。マウスピース矯正は、矯正装置が透明で目立たず、取り外しが可能なため、人目を気にせずに矯正治療を行うことができます。

働いていて歯ならびが気になるので治したい

お仕事の内容などによっては、ワイヤーなど目立つ矯正装置をつけることができないという方もいます。また、就職活動などご自身の印象を決める大事な場面では、「矯正器具をしていることで変に目立ちたくない」とお考えになる方もいます。

このような方にとっても、マウスピース矯正は非常に最適です。矯正装置をつけたまま外へ出てもほとんど気付かれることがありません。

取り外しができる矯正をしたい

ワイヤー矯正は1度つけたら、自分では外すことができません。そのため、キャラメル、ガム、グミなど粘度があり、装置を壊してしまうような食べ物は極力控える必要があります。また、装置をつけている部分に食べかすや汚れが残らないよう、念入りに歯磨きを行うことも必要です。

マウスピース矯正は取り外しが可能であるため、食事中は取り外し、今まで通りの食事をとることができます。歯磨きも今まで通りに行うことができるため、磨き残しがなく、歯を健康に保つことができます。

痛みに配慮した矯正をしたい

ワイヤー矯正は、ワイヤーの力を使って歯を動かす治療であるため、複雑な歯並びをしていても治療ができるという強みがあります。一方で、ワイヤーを調節するたびに数日間歯に痛みが生じるという側面もあります。

マウスピース矯正は歯を一度に大きく動かすのではなく、少しずつ移動させていく矯正治療です。そのため、ワイヤー矯正と比較すると痛みが小さく、少ないストレスで矯正治療を受けることができます。

忙しくてなかなか通院できない

矯正治療は年単位で受診が必要となります。ワイヤー矯正の場合、最低でも月に1度はご来院いただくこととなるため、お仕事の忙しい方などにとってはなかなか難しいと感じられることもあります。

マウスピース矯正は1~2ヶ月に1回と、ワイヤー矯正よりも少ない通院回数で矯正治療を行うことができます。マウスピースを交換しながら徐々に理想の歯並びに近づけるため、ワイヤー治療とは違い、都度、歯科医師の治療が必要ではありません。数ヶ月に1度経過を観察し、メンテナンスをするだけで済むのが特徴です。

このようなお悩みをお抱えの方 予防矯正 Preventive orthodontics

  • 前歯が出ている(出っ歯)
  • 歯ならびがガタガタ(叢生)
  • 口がぽかんと開いている(口呼吸)
  • ごはんを食べるときにクチャクチャ音を立てる
  • 変なところから歯が出ている(八重歯など)
  • いびきをかく
  • いつも眠そうである

このようなお悩みをお抱えの方 マウスピース矯正 Mouthpiece orthodontics

  • 針金の矯正が嫌である
  • 働いていて歯ならびが気になるので治したい
  • 取り外しができる矯正をしたい
  • 痛みに配慮した矯正をしたい
  • 忙しくてなかなか通院できない
  • よくあるお悩み・ご質問
  • 子ども・大人の矯正Q&A
  • 尾村歯科医院 Omura Dental Clinic

矯正治療に関する疑問や不安など、お気軽にご相談ください!

078-802-2552 診療時間 午前9:30~12:30 午後14:30~19:00 休診日 木曜午後・日曜・祝日

矯正相談